こんにちは。

 

みなさんは「おもてなし」ってどんなものだと思いますか?

ある程度、「こんなものがおもてなしかな」っていう感覚はお持ちじゃないかなと思うんですが、その核心には一人一人違うものがあるんじゃないかなと思います。

 

国際化はまだまだ止まることはないでしょう

これから海外からのゲストに対して「おもてなし」を披露する場がますます増えて行きます。
ふわっとしたおもてなしが、果たして相手のためのおもてなしとなり得ているのか、一度考える必要があるのではないでしょうか。

相手のためのおもてなしを実践する前に、まず自分のおもてなしスタイルを知っておくことが大切です。
そのスタイルを元に相手のスタイルに合わせていくほうが、より相手は安心感を抱いてくれることでしょう。

でも自分を知るのってとても難しいですよね!?自分が相手からどんな風に見えているかなんてほとんどの人がわからないはずです。ましてや自分が何をしたら嬉しいか、何をされたら嬉しいかっていうのも言葉で伝えるのは難しいです。

それは私たちが意識できることは本当に少ししかなくて、無意識の思考こそが私たちを形成しているからなんです。
自分の無意識の思考が意識できたらなんといいことでしょう。自分にとって幸せなことだけして生きてみたいですよね。

無意識に潜む自分の思考が理解できるということは、相手の思考についての理解も深まっていると言えます。
つまり真のおもてなしを実践するためには、無意識の理解が必要なのです!!

そして今回はなんとも便利で超すごい!

自分の無意識に潜む思考を可視化できるツールをご紹介いたします!!!

Scanamind(スキャナマインド)

スキャナマインドは、漠然とした頭の中を自動的に整理し、構造を可視化するシステムです。

“Scanamind HPより

人間の思考で意識できるものはわずか5%であり、残りの95%は無意識的だと言われています。

意識できる思考は文字にしたり表現したりすることが可能ですが、それは思考のうちわずか5%です。
自分の本心とは違うものを表現してしまう可能性が大いにあるわけですね。

このスキャナマインドでは95%にも及ぶ無意識の領域に介入し、自分が持つ無意識的な思考をビジュアル化してくれるとってもハイテクなシステムなんです。

 

「自分(相手)が何を考えてるのかわからない」そんなことは当たり前

自分の思考の95%を無意識が支配しているのですから、意識しようとしてもわからないことはたくさんあります。
この領域に不思議な力と呼ばれる”シックスセンス”などが含まれているんでしょうね。

しかしながら、「自分が何を考えているのか」「何をしようとしているのか」を知ろうとすることはとても大切です。無意識から送られてくるヒントを一つずつ汲み取り、「意識的に無意識に従っていく」ことができれば、自身の満足と幸福に繋がっていくのではないでしょうか。

また、他人も同じく自分のことを5%程度しか理解できていません
「何をしてほしいか」「何をされると嬉しいか」を訪ねるのは「通常のおもてなし」には有効でしょうがそれでは相手が求めていることの一部しか達成することができません。
こちらから「相手が喜びそうなこと」「求めてくること」を考え整理することで「相手が無意識的に求めている本当のこと」を追求することも可能となります。この作業こそが相手が予想するおもてなしをはるかに超えていく「真のおもてなし」となり得るのです。

 

Scanamind をつかってみた

 

早速Scanamindを使ってみました。
(Scanamind HPはこちら)

使い方は簡単です

テーマを決める

今回のテーマは「外国人が日本への旅行を躊躇する理由」としてみました。

果たして私の深層心理では「外国人が日本へ旅行を躊躇する理由」はなんだと思っているのでしょうか!?

 


まちがって選択した状態でスクショ撮ってました・・・みにくくてすいません

しかし、ここで15個原因をリストアップするだけでも頭使いますね。
考えるきっかけになります。

 

あとは超楽勝!選ぶだけ!

先ほどリストアップしたワードのうち2つが表示されます。
これら二つが
「強い関係がある」「少し関係がある」「関係は薄い」「ほぼ無関係」のどれかを判断し、クリックするだけ!

1問2秒以内で答える(直感で答える)ことを推奨しているようです。

 

結果を見る

終わると結果が表示されます。上部の方では自分が設定したワードが波動方程式の解によって散りばめられ、
矢印によって「外国人が日本へのりょ奥を躊躇する理由」の要素の数とその指向の可能性を示してくれます
もちろん矢印が大きい方が”その影響が大きい”ということです。

表示された矢印は形式的に表示されているだけですので、自分が設定したワードと解析結果からその矢印の「名前」を自分で名付ける必要があります。

Scanamindは結果を示すだけですので、その解釈は自分自身で行わなくてはなりません。

この「名付け」る行為こそScanamindが示すデータに対する自身の解釈となるのです。


この解析結果について20ページにわたり解説をしてくれます。


矢印の角度が狭いと、その二つは関連性が高いことを示しています。


関連性が高い矢印たちの集合体を雲で表しています。


他の矢印たちにも反映してくれてます。


相反する関係の矢印があるとそこを座標軸として考えることができるらしいです。
言われてみれば確かにそうかな、とは思いますが、その発想に至ることがすごいですね。


設定したワードに「概念の漏れ」があることを指摘されました。
ニュアンスが被らないワードを設定する必要がありますね。


下半分と上部に分けることができるようです。


下半分の領域には、それぞれの矢印を超えたもっと大きな概念が存在するというのです!
果たして何なんでしょうかね!


また(だいたい)右半分と左側に分けてみることもできるようで、
右の要素にもそれぞれの矢印の枠を超えたなにか巨大な概念が存在するようです。
教えてほしいですね。()


どうやら右下の部分にこそ「外国人が日本への旅行を躊躇する理由」の本質が隠れているようです。


そして残りの部分はその補助的な項目。


確信がありそうな部分に色づけしてくれました


なんと!矢印の向きまで示してくれました!
この矢印は何かを考える必要があります!!


この矢印についてのヒントもくれてます。すごい至れり尽くせり。


なんと!!
核心に迫る要素がもう一つあるというのですか!!


これまたご親切に矢印の形まで示してくれました。


ありがとうございました!!!!

 

まとめ

今回設定したテーマ

「外国人が日本への旅行を躊躇する理由」

に対する(私が無意識的に考えている)原因の本質は

・開放感がない
・礼儀・マナーに厳しい
・案内に日本語が少ない
・日本人の英語力が低い
・現金主義である
・人が優しくない
・開放感がない

これらの要素に近いところに 2つ あるようです。

 

なんなんでしょうね。

 

つまらないとか

つたわらないとか

 

そんな感じをイメージしてますけれど、今後も考えていく必要がありますね。

 

また、

今回のテーマを固定していろんな要素で検証してみると、いろんな角度から考察することが可能になります。
一度だけじゃなくなんどもやってみると違った結果が出て、正解に近づいていくことでしょう!!

 

おもてなしについて考えてみた

続いてもう一個やってみました

テーマは「自分がしてもらって嬉しい「おもてなし」」です。
自分がしてもらって嬉しいことは、相手にしてあげても嬉しいことが多いので。
おもてなしする参考になるはず!!!


要素を考えるのも結構大変ですね。自分が海外旅行に行った時とかをイメージしたりして要素を打ち込みました。

 

結果

お、ここはわかる気がします
プライベート感か仕事感か・・・そんな感じの座標軸なんじゃないですか!?


また要素の漏れがありました。難しいっすね。


確信が見えてきましたね!

わかりやすい話し方と対極に位置するおもてなしってなんなんでしょうか!?
普通に考えるとわかりにくいボディランゲージ・・・

もしかしてボディランゲージに関係しちゃう感じですかね!?表現力とか??


またもや2つ目の核心に迫る要素がありました。

各種手配の代行の対極にあるものってなんでしょう!!
セルフサービス?
矢印を見る感じ、それほど対極にある感じでもないんですが・・・
何か「ミッションを与えてくる」系のおもてなしですかね!?たしかにそれも楽しそう。

ありがとうございます!!!

 

おもてなしのヒントが見えてきました!!!!
今度またこのヒントを元に要素を入れていき、より核心に近づけるようにやってみようかなと思います!!

 

自分の無意識を矢印とその位置・大きさで可視化するだけでなく、核心に迫るヒントもくれるとは、なんと親切なことか・・・

このツールは無料で公開されているので、みなさんも気になることがあったらぜひ試して!
自分の無意識を探ってみてくださいね!!

Scanamind(スキャナマインド)

 

 

広告
ロゴ

長崎市在住
美味しいもの大好きです。
I live in Nagasaki City
Give me some delicious information!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です