【献上銘菓】本牛蒡餅!お土産にするのが辛い!是非とも自分へのご褒美に!!

こんにちは。

先日ご紹介しました

「熊屋」

で見つけてきました

昭和天皇献上の牛蒡餅

左のカラフルなやつが1つしかない!
ということで自分用に買って帰ってきましたー。

それがこちら

本牛蒡餅

みてくださいよこれ・・・

献上銘菓」!!!
かっこいいっすねー!!


「彩りあわせ」っていうワードが華やかさを演出しています
「りくづ手」の右から読むやつも歴史の長さを感じさせますね。

このパッケージは本当に素晴らしいと思います!
手に取るときもワクワクしましたー!

さて、開封しましょうかね!

開 封


うぉー!めっちゃカラフルー!!

これは盛り上がる!(私は)


牛蒡餅のしおりもついてきますよー!
勉強しましょう!!


牛蒡餅は江戸時代から続く茶菓子なんですね!

当時は黒糖のみで細長いものだったみたいで、その姿形から「牛蒡餅」とよばれるようになったようです。
創業200年を超える「熊屋」さんでは、うるち米を原料に、桜やお茶、牛蒡を練りこんだ手作りの牛蒡餅を作っていらっしゃるんですね。
ちなみに献上されたのは昭和44年の長崎国体の際だそうです。
国体の折に地元の銘菓が献上されるのですね!今後も要チェックですな!!


原材料を見ると味の予想ができそうですね。
プレーンタイプと牛蒡味、抹茶味、桜味、ごま味・・・といったところでしょうか


わたしはごま味が好きなので、
一番ごま味っぽいやつをチョイス。。。


フィルムを脱ぐと艶やかな姿が露わに・・・

なんか

見た目こんにゃくっぽいっすね!

実食


フォークで切ってみます。
が、弾力と粘りがありますね。この弾力はわくわくします。


これ!

うわー!超うまそう!!!


ほんでこれがもう超うまい!!

口当たりのいい柔らかさ、粘りを感じ
噛むとほどよい甘さに弾力のある餅
鼻腔には砂糖の甘さとごまの香りが抜けていく・・・

口に残ったごまがうまい。

あとひくうまさ。あとひくこと山の如し。
シンプルな味わいですので・・・胃袋が許す限りいけるのです


余裕の2口
貫禄の2口
怒涛の2口


残された牛蒡餅たちが怯えて見えるぜ・・・

嫁も加わり無事初日で完食でした。

長崎の人でもファンが多い(実家の母談)牛蒡餅。
その手作りで、ましてや献上の!となればみんなが喜ぶこと間違いないですよね!!
ちなみに我が母親は一人で3つ食べたそうです。(父と妹が1個ずつ)

もっと味わえばよかった。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【本牛蒡餅】
販売:熊屋
購入価格:1000円しない!(800円くらいだったかなー,,,)
備考:今まで食べた牛蒡餅の中で1番好き
そもそも牛蒡餅を食べて欲しいのだが!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

広告
ロゴ

長崎市在住
美味しいもの大好きです。
I live in Nagasaki City
Give me some delicious information!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です