お月見〜中秋節〜欠かせない「月餅」大切な人と分けあって

こんにちは。

本日は10月2日。
中国では「中秋節」という時期の真っ只中です。

中秋節。つまり日本で言うところの「お月見」の季節なのですが!
そんな中秋節の定番のお菓子というのがこちら!!


その名も「月餅(げっぺい)

中国の中では定番中の定番らしく、日本でもご存知の方は多くいらっしゃるかと思いますが、食べたことない人もまだまだたくさんいらっしゃるんじゃないんでしょうかー??

本場ではお供え物や贈答品として定番みたいです。
中に餡が入ってるんですけど、そこに賄賂を詰めて送ったりすることもあったそうです。
さすが中国。

餡は種類が何個かあるんですけど、今回は蘇州林の「小豆あん」と「くり」をチョイス。好きなので。

あけます。


左がくりで右が小豆餡です。

外側の生地はとてもしっとりしてます。
焼き目が美しいんですよねー、ツヤツヤしてるけど、しっかり香ばしい感じが出てる。
ちょっとぼろぼろと形が崩れやすいみたいです。
月餅でキャッチボールしたら大変です。1往復できようものなら、すごいです。


スタンダートに小豆あん。

うまい。
「月餅」とは書きますが、餅らしいところはわかんないですね。

味は銘菓「ひよこ」のくり味といったイメージでしょうか。
外側の生地はひよこの生地をもう少ししっかり焼いた風味がします。
中の餡もひよこに近いものを感じます。が、そこはしっかりと小豆テイストです。
甘さはガツンと来ることはないです。スーッとやってきて、サーっと消える。そんな感じです。
全くくどくないので、甘い餡が苦手というひとも食べられると思います。

とりあえず、ひよこ好きな人はこれ絶対好きです。もっと好きになれますよ。


くりの方です。

くりがいますね。
見てお分かりの通り餡もポロポロとこぼれてきてます。
こぼしたら勿体無いので必死です。

くりがゴロゴロしていて、存在感があります。くり満喫です。収穫祭です。

どちらも餡の香りは控えめで、生地の香ばしさをまずもって感じることでしょう。
次第に上品な甘さが上品にやってきて上品に去って行きます。

美しい月が昇り、沈んで行く様を見るように・・・


はい、ごちそうさまでした。

お月見のシーズンに限らず、月餅は販売され続けております。
ですが、この機会にぜひ月見と合わせて食べてみてください。

長崎は今の所雨なんですけれども、月餅を月と見立てて団子食べます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【月餅(くり、小豆あん)】
製造:蘇州林(蘇州林のHPはこちらから)
購入価格:200円くらい @すみや(アミュプラザ店)
備考:手作りですって。ぼろぼろするものを分け合う時の緊張感を味わってください
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

広告
ロゴ

長崎市在住
美味しいもの大好きです。
I live in Nagasaki City
Give me some delicious information!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です