長崎の肉料理といえば角煮でしょ!伝統の坂本屋の東坡煮をぜひ!

こんにちは。

長崎の肉料理といえばなんなのでしょう。
最近は「長崎和牛」という高級牛肉が確立されています。
なかでも「出島ばらいろ」というブランドがその筆頭です。

しかしながら長崎といえばやはり「角煮」でしょう。
角煮まんじゅうなどの商品も大人気のようです。
角煮はもともと長崎伝統の料理「卓袱料理」の「中鉢」にて登場していた料理ですが
持ち帰りたい!と希望する人が続出!!!
その単品のポテンシャルを持ってソロデビューを果たしたようですね。

さて、今回紹介するのは
長崎の伝統ある料亭「坂本屋」さんより、パックの「東坡煮(とうばに)」です


えっ角煮とは違うの!?
と思われるかもしまいませんが、

同じです

かつて豚の角煮を中国の著名な詩人、蘇東坡が好んだということから
豚の角煮の別名が東坡煮となったそうです。
現在「東坡煮」と表記しているお店は坂本屋さん以外私は存じ上げません。


からしがついてますので外します。


10分〜15分煮ます。


煮ました。照りに磨きがかかっています。


あぁ・・・おいしそう
あけます。(手で開封できます)


おいしそうな香り!!
こうやって出してみると食欲がやばいです!!ご飯が欲しい!!!
肉厚だなぁ・・・


フォークで押してみる。。
フォークで切るのは難しいかなー。
油は弾力があって、肉の部分はしっかりとしてます。


いただきます!!

ぉお!!
おいしい!!
肉は決して固くありません!歯でしっかり噛み切れます。
味はさすが高級料亭ですね!!!
味はしっかりとしみており、濃すぎず、甘すぎない。
いつまでも食べ続けられる味ですね。
ご飯ほしくなる味です。
油は十分な甘味を含んでおり、プルプルしてます。
口の中で終始存在感を放ってます。
ご飯が欲しくなる油です。
からしは洋からしです。香りが強く、辛味は控えめです。角煮とすごく合います!

さすが坂本屋さんですね。といった感じ
こんなに手軽に料亭の一品を食べられるということは幸せと言わざるを得ません。


ごちそうさまでした。


ご飯にかけようかな・・・

 

 

これは画期的ですよ!
賞味期限も2ヶ月先まであるし!バラ売りだし、お土産には十分なポテンシャルを持っています!!!

高級料亭の味わいを、ぜひご家庭で。
すごい手軽なのに、すごい美味しい。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【東坡煮(とうばに)】
製造:坂本屋()
購入価格:450円 くらい(忘れました)/ 1個 @すみや(アミュプラザ店)
備考:セットもあります。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

広告
ロゴ

長崎市在住
美味しいもの大好きです。
I live in Nagasaki City
Give me some delicious information!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です